【第5回受賞】医師・科学者として働くということ

名古屋市立大学 医学部4年 中西 陽子

私は将来医師・科学者としてエネルギッシュに働きたいと思っている。 そう考えるようになったきっかけは、大学入学後大変素晴らしい研究機関で勉強する機会を頂いて、たくさんの尊敬する先生方にお会いしたことだ。どの先生も研究には男女の区別なく、行動には無駄がなくスマートだった。女性医師だから、女性だから、医師だから、医師ではないからといった区別が全くなく、一科学者としてしっかり仕事をされていた。その時に、医師は病気を診断して治す職業ではあるが、そのために医師だけが何か特別なわけでも、忙しいわけでもないと思った。確かに診療には女性医師であることを生かしやすい時があるかもしれないが、その前に医師・科学者として振る舞うことがあるべき姿だと思うようになった。

そのような女性医師は少数派という時代ではなくなってきた。私の周囲で医学部以外の、特に理系の道に進んだ女性は、女性が研究室やクラスに一人もいないことが度々あり、医学部の女性の比率の高さを驚くとともに羨ましがっている。また、マイノリティではないにも関わらず、女性医師の特殊性が話題となっていることを不思議に思っている。今や女性医師は女性という理由だけでは必要とされない時代であり、女性医師とは何なのか、どのような科学者であり、医師であるべきか考えるときが来ていると言えるだろう。

私の提言は、自らを女性医師という特別な仕分けで考えることをなくそうということだ。特に研究や論文はスピードが命とも言われ、性別に重きはおかれない。女性も男性も同じ舞台で仕事をするべきであるから、女性という枠組みを作れば自らの活動の幅を狭めてしまうことにつながる。医師は高い人格、広い教養、強い責任感を特に求められる職業でもあるが、特別に医師という枠組みで捉える必要はない。私の尊敬する方々は医師もそうでない方も皆女性であることを言い訳とせず、仕事を全部職場で終わらせたり、家に持ち帰ったりなど各自の工夫によって時間を上手に使い、才能と努力で素晴らしい仕事をされている。

私の提言は、自らを女性医師という特別な仕分けで考えることをなくそうということだ。特に研究や論文はスピードが命とも言われ、性別に重きはおかれない。女性も男性も同じ舞台で仕事をするべきであるから、女性という枠組みを作れば自らの活動の幅を狭めてしまうことにつながる。医師は高い人格、広い教養、強い責任感を特に求められる職業でもあるが、特別に医師という枠組みで捉える必要はない。私の尊敬する方々は医師もそうでない方も皆女性であることを言い訳とせず、仕事を全部職場で終わらせたり、家に持ち帰ったりなど各自の工夫によって時間を上手に使い、才能と努力で素晴らしい仕事をされている。

最新記事

すべて表示

福井大学医学部附属病院呼吸器内科・医員 門脇 麻衣子 私が医者として仕事を始めた今から20年ほど前は、女性医師への社会の印象はあまりよくなかった。特に田舎では男尊女卑の考えが根強く残っていた。診察室の外から、「男先生(おとこせんせい)でお願いします」と言う患者さんの声が聞こえたりした。  確かに、患者さんにとってその時代は、偉そうにしている先生が偉い先生であり、その偉い先生に叱られて、患者自身の生

福地眼科 福地 麗 様々なライフイベントを通じて人生の深みを得た医師は、AIが医療の一翼を担うようになっても今後も必要とされると思われる。  ジェンダーフリーの概念が浸透しつつある現在、女性医師と限定することは適切ではないかもしれない。が、日本社会では現在も性別役割分業傾向が欧米諸国と比して強い。  家事・出産・育児を比較的主役として担いがちな女性医師は、仕事との両立に今も悩みながら模索している。

秋田大学医学部総合地域医療推進学講座 准教授 蓮沼 直子 近年、秋田大学医学部では女子医学生が4割を超えたが、医師全体でも20%超となった。また医師国家試験合格者に占める割合も平成12年から30%を超え、今後10年の間に40代女性指導医の割合は3割を超える。しかし、女性医師は30代に病院を退職し、診療所勤務や非常勤になっていることが分かっている。 今回、一生の仕事として女性が医師を続けるためのキー