生活習慣病の予防・管理に、睡眠を

作成者:東京女子医科大学附属青山病院 睡眠総合診療センター

鈴木 真由美


はじめに

近年、食の欧米化、運動不足などにより肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症の人が増えています。糖尿病はこの40年で約8倍、肥満は中高年男性では約2倍に増加しています。これら生活習慣病は、動脈硬化を促進し、脳梗塞、心筋梗塞などの脳心血管疾患を引き起こします。そして現在、脳心血管疾患は日本人の死因の1/3をしめ、悪性新生物に次いで第2位となっています。したがって、脳心血管疾患を予防するために、生活習慣病対策は急務となっています。我々医師も、日々の診療の中で食事、運動、禁煙指導をしていますが、実は、睡眠も生活習慣病と密接な関係があります。

1.睡眠時間と生活習慣病

睡眠時間と寿命(死亡率)の関係を調べたところ、一日に7~8時間の睡眠をとっている人が最も寿命が長く、それより短くても長くても寿命が短くなることがわかりました。BMI、HbA1c、TG、HDLコレステロール、血圧も同様の傾向をしめし、7時間くらいの睡眠がこれらの数値が最もよいことが報告されています(※1)。睡眠時間が短いと生活習慣病になりやすいのはなぜか、現在考えられている肥満、糖尿病、高血圧の発症と悪化のメカニズムを図の黒字で示します。実は、日本人の睡眠時間は年々短くなっています。そこで、寿命と健康のためには睡眠時間を確保することが重要です。一方、睡眠時間が長い場合も寿命などが短くなる原因は不明ですが、もともと睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害があり、睡眠の質が悪くなり床上時間(寝床にいる時間)が長くなっていることなどが推定されています。 (※1)BMI:身長からみた体重の割合を示す体格指数。肥満度。 HbA1c:ヘモグロビンエイワンシー。1~2か月前の血糖の指標となる値 TG:トリグリセリド。血中脂質 HDLコレステロール:いわゆる善玉コレステロールで動脈硬化を予防する