温故知新インタビュー

第2回 野崎京子先生

ご略歴

  • 1960年 東京教育大学理学部入学、中退

  • 1966/3 京都大学医学部卒業

  • 1966/7~1967/6 北野病院麻酔科勤務

  • 1967/10~1968/9 国立京都病院麻酔科勤務

  • 1968/10~1972/3 大阪赤十字病院麻酔科勤務

  • 1972/4~1996/12 住友病院麻酔科勤務(麻酔科主任部長、中央手術室部長)

  • 1997/3 野崎クリニック(麻酔科、心療内科、精神科)開業

  • 2006年 日本女医会大阪支部連合会会長

  • 2013年 日本女医会大阪支部長

  • 2016/5 日本女医会荻野吟子賞受賞

  • 大阪府女医会評議員、大阪府内科医会顧問、豊中市女医会会長も兼務している

 

2019/2/24 ホテルグランヴィア大阪でお話を聞きました。


日本女医会と関わるようになったきっかけを教えてください。

関西医大の皮膚科の教授だった大原一枝先生1)が声をかけてくださって、1989年5月に日本女医会に入会しました。他にも、女性が女房役ではなく責任を持って指導者として働くことを学ぶことが出来る、というのも入会したいと考えた理由の一つです。勤務医時代は忙しくて日本女医会の行事には出席していませんでしたが、1997年に開業してから少しずつ出席するようになり、川田喜代子先生2)に誘われて、日本女医会の仕事をするようになりました。私自身も開業しても研究活動を続けたい気持ちがあり、大きな組織に所属して活動したいと考えました。

1)現関西医科大学卒業、同大学皮膚科元教授。教授退官に当たり同窓会に寄付された基金で大原賞が設立され、首席卒業生に贈呈されている。1959~1987年の間に計18年間日本女医会理事を務めた。2000年に日本女医会吉岡彌生賞受賞。

2)現関西医科大学卒業後、耳鼻咽喉科を専攻。女性として初めての大阪市浪速区医師会理事をはじめ、大阪府女医会会長、日本女医会理事(1991~2002年)を務めた。2008年に日本女医会吉岡彌生賞受賞。


東京教育大学理学部から京都大学医学部に進路を変えられたのはなぜですか。

母が東京女子高等師範学校3)を卒業して教育者をしていたので、子供にも教育者の道を歩ませたかったようです。妹も教師になりました。私は東京教育大学4) に入学しましたが、途中で教育者の道に進むことに行き詰まってしまい、弟に障害があったこともあって医学部に進むことを決意しました。

3)1875(明治8)年に、東京女子師範学校が日本初の官立女子高等教育機関として発足。以後、1885年に東京師範学校女子部(翌年師範学校令により高等師範学校女子部)、1890年に女子高等師範学校(1908年から東京