日本学術会議の任命拒否に対するステートメント


information_0113
.pdf
Download PDF • 123KB

内閣官房長官 加藤 勝信 様 公益社団法人日本女医会は政府による日本学術会議への人事介入に抗議致します


公益社団法人日本女医会 役員一同 2020年11月30日

日本女医会は 1902 年の創立以来、日本女性医師の相互の連携を図り、公衆衛生の 向上と国民福祉の増進に寄与することを使命として活動を続けている公益社団法人 です。

この度の菅総理が学術会議の第 25 期新規会員任命に際して、日本学術会議が推薦した105名の候補のうち6名を拒否し、その理由を明かさなかったことに対し強い疑念を抱き声明を発することと致しました。首相は理由を示さないことを追求されると、「学術会議は閉鎖的で既得権益のようになっている」という趣旨の発言を繰り返しています。任命を拒否することの是非と、学術会議のあり方の問題が渾然一体となっています。学術会議の在り方や選出方法については、政府の人事介入とも思われる今回の任命拒否とは異なる問題です。これらの論点のすり替えは、国民への誠実さにも欠けるものと考えられます。 また、国民の安寧を考えていく上で、 日本学術会議の発足は、日中戦争とそ