子宮頸がん予防の歴史と世界のHPVワクチン普及状況

作成者:北海道大学大学院 医学研究科予防医学講座公衆衛生学分野 Sharon Hanley


はじめに

子宮頸がんは世界で2番目に多く発生する女性特有のがんであり、年間約50万人の女性が新たに子宮頸がんに罹患し、27万人が死亡していると推計されている(WHO, 2007) 。子宮頸がんを根絶しようという試みは50年以上前に始まったが、それは、子宮頸部のPap Smear(細胞診)という形をとった、いわば二次予防であった。これによる定期的な子宮頸がん検診は、頸がんによる死亡をほぼ70%減らすことができると予測されている1)。

 1980年代における子宮頸がん予防の2度目の飛躍的な前進は、ハラルド・ツア・ハウゼン博士が、子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)を発見したことから始まった2)。 続く20年の間に多くの疫学研究が行われ、1990年代の初めにはいくつかの特定型のHPV(高リスク型HPV)が発がん性であることが示され、この型のHPVの持続的な感染が子宮頸がんを引き起こすことがわかった3)。 この発見により、PCR(Polymerase Chain Reaction:ポリメラーゼ連鎖反応)のように高感度な分子生物学的診断法や、現在、欧米で広く使われているハイブリッドキャプチャー法が開発され、子宮頸がんや前がん病変になる可能性のあるHPVへの感染が確認できるようになった4)。 こうして病原性の高いウイルスを特定することにより、そのウイルスによって引き起こされる病気の予防的・治療的介入が可能となった。すなわち、高リスク型HPVの特定は、HPVの一次感染を阻止するワクチン開発を可能とし、その結果、子宮頸がん及びその前がん病変への一次予防を現実のものとしたのである。

 大手の製薬会社2社による大規模臨床試験の結果、2種類のHPVワクチンの予防的介入の有効性が示され5)6)7)、 世界的には現在すでに市場に出回っている。HPV16/18型に対する2価ワクチン(グラクソスミスクラインGSK社:Cervarix)とHPV16/18型に尖圭コンジローマの原因となるHPV6/11型を加えた4価ワクチン(Merck・万有製薬株式会社:Gardasil)の2種類である。4価ワクチンは2006年6月に米国FDA(Food and Drug Administration:米国食品局)によって世界で初めて承認され、同年8月にEUでも承認された。2価ワクチンは2006年にEUで、2009年に米国FDAで認可され、現在、両方のワクチンは世界の117カ国で承認されている。日本では、HPV 2価ワクチンは2007年9月に、4価ワクチンは2007年12月にPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)に承認申請が行なわれ、2価ワクチンであるサーバリックス®が2009年10月に正式に承認された。また、4価ワクチンの承認も今年中に期待されている。


子宮頸がんの二次予防から一次予防へ