アクトヒブ(Hibワクチン)について

作成者:日本女医会理事 スワミチコこどもクリニック院長 諏訪 美智子


はじめに

CNN.Comにアクセスし、3月8日Hib ・ Prevener Vaccine のニュースを見て 頂くと、Hibワクチンとプレベナーワクチンが厚生労働省の判断で中止になった事に 関して取材を受け、コメントが放映されています。

厚生労働省は、がん予防重点教育及びがん検診実施のための指針(2016年2月4日一部改正)で、「乳がん検診の検診項目は、問診及び乳房エックス線検査とする」と明記した。2000年に導入した視触診+マンモグラフィから、マンモグラフィ単独検診へ舵を切ったことになる。そこで、マンモグラフィ検診の利益と不利益について簡単に記述したい。

Hibワクチンは1987年に欧米で承認され既に世界120カ国以上で普及し、1988年にWHO から乳幼児への定期接種勧告が出された。現在90カ国以上の国で定期接種として組み入れられている。アメリカでは1990年に生後2ヶ月からの定期接種になり、2000年迄の10年間でHib髄膜炎の患者数が99%減少し、このワクチンの有効性を示した。先進国の中で唯一導入されていなかった日本でもHibワクチンは2007年1月に承認され、2008年12月にフランスのサノフィパスツール社製のHibワクチン「Act・HIB」を第一三共株式会社が販売するという形でやっと接種が可能になったが、現段階ではまだ任意接種となっている。

インフルエンザ菌b型(Hib)とは

*きょう莢まく膜株 (血清型b)・・・髄膜炎、肺炎、咽頭蓋炎、敗血症(重篤な全身感染症) (血清型a、c、d、e、f)・・・上記と同じ(まれ) *無莢膜株・・・・・・・・気管支炎、虫垂炎、結膜炎、副鼻腔炎(軽い局所感染症)

インフルエンザ菌b型は細胞壁に莢膜を有する莢膜株で6つの血清型のうち血清型b型に分類され、Hibと呼ばれる。ヒトの鼻咽頭に飛沫で感染し、その菌が病原菌となり喉頭蓋炎、肺炎や敗血症などの全身感染症を起こす。さらにHibは、小児の重篤な感染症である細菌性髄膜炎の起炎菌の約60%を占めている。インフルエンザ菌性髄膜炎は多くの場合、生後3ヶ月から5歳未満の乳幼児がかかりやすく、日本では年間約600人が発症し、そのうち約30人(約5%)が死亡し、約150人(約25%)に知能障害や聴力障害、てんかんなどの後遺症が残るという予後の悪い感染症である。近年は抗生物質が効かない耐性菌が増えている。また、Hibは乳幼児に感染しても他の多くの細菌やウイルスとは異なり抗体ができず、何回でも感染する。