top of page

性別変更の手術要件は「違憲」 最高裁判断。15人全員一致

10月25日、最高裁は戸籍上の性別を変える際、生殖機能をなくす手術を求める法律の規定について「違憲」と判断しました。裁判官15人全員一致の意見であり、法律の規定を最高裁が憲法違反と判断するのは戦後12例目です


。国会は法律の見直しを迫られることになります。


参考記事)









Коментарі


bottom of page