top of page

原子力市民委員会が緊急声明を発表しました

日本政府は福島第一原発のアルプス処理水の海洋放出を決定しました。多くの人たちが安心できないと感じており、隣国である中国外務省の報道官は「もし放射能汚染水が安全なら海洋放出の必要はなく、安全でないなら海洋放出すべきではない。」との意見を表明しています。日本の「原子力市民委員会」も「関係者との合意を無視した海洋放出決定は最悪の選択である」との緊急声明を発表しました。


緊急声明「関係者との合意を無視した海洋放出決定は最悪の選択である」:



Opmerkingen


bottom of page