top of page

【第3回受賞】全女子医学生にキャリア教育を!

更新日:2021年8月25日

岡山大学病院 卒後臨床研修センター 医科研修副部門長 小比賀美香子

15年以上前の私の学生時代はもちろん、現在の医学部教育においても、全女子医学生に対する系統的なキャリア教育は行われていない。世界の中で低い日本人女性の社会的地位、いまだに多い女性医師の離職などを考えると、女性医師がもっと活躍するために、全医学生対象とは別に、「全女子医学生対象のキャリア教育」が必要と考える。日本女医会には、是非とも全女子医学生対象のキャリア教育が可能となるよう、全国の医学部へ働きかけ、リーダーシップをとって頂きたい。様々な教育手法があると思われるが、女子医学生への教育の結果が下記のようになればよいと考える。

①医師の仕事・使命を理解する

プロフェッショナリズム教育ともいえるが、医師の使命をまずは深く理解すべきと考える。生涯、医師として働き続ける原動力になればよい。

②医師としての目標をもつ

医学部に入学して間もない頃は、女性であることを意識せず、医師を目指す理由も明確であることが多く、医師としての目標を立てやすい。立てた目標に向かって、たゆまぬ努力を続ける必要性も伝えたい。

③日本人女性の現状について理解する

世界の中で日本人女性の社会的地位は低い。女子医学生は、医学部入学までに、個人差はあるが、すでに性別役割分担意識や、社会の女性に対する期待・先入観にさらされ、影響を受けている。その結果、医師としての目標を設定する際、自ら医師としての可能性を制限したり、あるいはライフイベントの際に、自分のキャリアプランをあきらめてしまう可能性がある。本当にやりたいことを見つけ、医師として成長を続けていくためにも、日本人女性の現状を客観的に認識することは重要である。

④自信をもつ

女性は男性に比べ、劣等感を感じやすい。キャリアアップに対しても消極的だ。意識して自信をもち、そのために学習を欠かさないことも重要である。

⑤子育ては親の責任、社会の責任であることを理解する

性別に関わらず、子を授かった場合、親業は社会人として大切な役割である。本来、子育ては子供も親も社会も豊かにするはずであるが、残念ながら日本では、次世代教育はあまり重要視されていない。国際的にみても明らかに長時間労働が多い日本は、正直、子育てしづらい。医師は特に労働時間が長いが、医師としての責任、親としての責任は、性別に関係なく各々果たすべきであることを認識してほしい。

⑥多様性を認め、お互い尊重しあう

家庭、職場、社会において、異性間、同性間、また研究者・臨床医間、多職種間において、お互いを尊重しあい、特性を活かしながら、よりよい医療を目指してほしい。

女子医学生の教育だけで十分とは思っていない。日本では、医師のみならず、労働時間が長いこと、子育てがあまり重要視されていないこと、根強い性別役割分担意識など、社会全体で取り組むべき多くの課題があり、対策が必要だ。まずは、我々女性がもっと積極的に声を上げていきたい。

最新記事

すべて表示

【第7回受賞】それは本当の女性医師だからの問題なのでしょうか?

福井大学医学部附属病院呼吸器内科・医員 門脇 麻衣子 私が医者として仕事を始めた今から20年ほど前は、女性医師への社会の印象はあまりよくなかった。特に田舎では男尊女卑の考えが根強く残っていた。診察室の外から、「男先生(おとこせんせい)でお願いします」と言う患者さんの声が聞こえたりした。  確かに、患者さんにとってその時代は、偉そうにしている先生が偉い先生であり、その偉い先生に叱られて、患者自身の生

【第7回受賞】継続して医療を提供するために

福地眼科 福地 麗 様々なライフイベントを通じて人生の深みを得た医師は、AIが医療の一翼を担うようになっても今後も必要とされると思われる。  ジェンダーフリーの概念が浸透しつつある現在、女性医師と限定することは適切ではないかもしれない。が、日本社会では現在も性別役割分業傾向が欧米諸国と比して強い。  家事・出産・育児を比較的主役として担いがちな女性医師は、仕事との両立に今も悩みながら模索している。

【第6回受賞】イクボスになる!

秋田大学医学部総合地域医療推進学講座 准教授 蓮沼 直子 近年、秋田大学医学部では女子医学生が4割を超えたが、医師全体でも20%超となった。また医師国家試験合格者に占める割合も平成12年から30%を超え、今後10年の間に40代女性指導医の割合は3割を超える。しかし、女性医師は30代に病院を退職し、診療所勤務や非常勤になっていることが分かっている。 今回、一生の仕事として女性が医師を続けるためのキー

Comments


bottom of page