vВc@l@{

\݃{^
₢킹{^


支部だより

下線

長崎医学同窓会 会員の先生方へ
先達に学ぶ夏の夕べ ~日本初の女医 楠本イネに思いを馳せる~

先達に学ぶ夏の夕べ

日本人初の女性医師は、1827年(191年前)に長崎に生まれた楠本イネです。オランダ商館医シーボルトの娘は、実父の依頼で門下の高良斎、二宮敬作、石井宗謙らに育てられ、長崎養生所雇教師ポンペ、ボードインらに学んでいます。その技術を評価されて、上京後には、宮内省御用掛にも任命されました。当時稀な混血児として差別をうけて育ち、医術開業試験が女性に開かれたときには、すでに57才で受験を断念するなど、苦難の人生…。

8月26日の命日を前に、イネ女史のお墓参りをして、この長崎で医学をめざした彼女の声を聴いてみませんか。

日時

2018年8月25日(土)16:00~

場所

曹洞宗 晧臺寺 (こうたいじ)
長崎市寺町1番1号

電話

095-823-7211(代)

日程

16:00 晧臺寺に集合
16:00 お話「楠本イネの生涯」 山本芳江さん (長崎女性史研究会会員)
16:30 お墓参り
17:15 会食(場所未定)

多くの医学生のみなさんのご参加をお待ちしています。

お問い合わせ

ながさき女性医師の会:黒﨑 TEL095-882-2125 FAX095-882-7288
メールアドレス:joi.net.nagasaki@gmail.com
参加申込〆切:8月18日