トップページ
メール問い合わせ

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-8-7 青山宮野ビル3F





必要事項を書き込んで、送信ボタンを押しお申込して下さい。

>>メールソフトを起動する方はこちら




女子医学生のみなさんへ 女医会入会のお勧め


これからの医療改革には女性医師の活躍が必須です。すべての医療従事者が活き活きと働き続けるために、医学・医療の進歩を支えるために、日本の地域医療を守るために、日本女医会は女性医師・女子医学生を支援しています。
日本女医会に入り、医師である女性としての視点をもって医学生時代を過ごし、技術力と人間力のある女性医師として活躍できるようにご自分を磨いてください。

学生会員になるとこんなメリットがあります

素敵な先輩に出会えます

全国にいる24歳~100歳過ぎまで女医会員の先輩と出会うことができます。また日本のみならず海外の女性医師との出会いの機会もたくさんあります。
研修病院や専門科目の選択について、また結婚、出産、育児、介護を含めワークライフバランスをとりながら働く医師としての人生設計について・・・女子医学生にとって最強のメンターである日本女医会員のネットワークから得られる情報は貴重です。

国際女医会学生会員

 
Young MWIA (Students & young doctors Medical Women's International Association)
日本女医会は、国際女医会(西太平洋地区)のメンバーですので、日本女医会員は国際女医会員でもあります。昨年、国際女医会にYoung MWIAが発足しました。国際女医会の学生会員として世界中の医学生や若手医師とのグローバルな交流の機会があなたを待っています。2013年7月31日~8月3日にはお隣の韓国(ソウル)で国際女医会の総会が開催されます.学生と若手医師のためのポスターセッション(口頭での質疑応答あり)に参加し学生時代に国際学会発表デビューを経験してください。    日本女医会の先輩が予演会や英語での発表のお手伝いをします。

MsACT(Medical students & Young doctors ACT)

日本の医療について、女性医師を取り巻く環境や性差医療などに関する問題意識を持つ日本女医会の学生会員と若手会員による活動を支援します 。活動の展開を通じて医師として必要なリーダーシップ力を磨いてください。

女子医学生・女性医師のための提言論文

日本女医会では平成23年度から女子医学生・女性医師からの提言論文事業を開始しました。女子医学生の視点からの建設的な意見を募集します。女性医師についての就労環境や男女格差の問題だけでなく、日本の医療について優れた点の維持と改善するために必要な提言の発出を期待しています。
優秀論文には賞金も付与され、日本女医会総会で表彰されます。

日本女医会誌

日本女医会が発行する日本女医会誌をネット受信できます。通学している地域の日本女医会の支部の情報をはじめ日本女医会のメンバーや活動について知ることができます。


〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-8-7 青山宮野ビル3F TEL:03-3498-0571 FAX:03-3498-8769